その居住コミュニティにおける代表者を選ぶ意思の表明、すなわち選挙権くらいは与えても良いのではないだろうかという意見が出るのも自然な流れとも言えるだろう。

そのコミュニティを居住者全員参加によって良くして行くという意識も芽生えると期待される。

それか 会社や学校というコミュニティとの付き合い方自体が違うので、SNSの有り方も違うという所なのだろう。

そしてついったー。

140文字の中につぶやきを流し続ける文化になった。

フォロー等可視化された交流。

また 開催/ブログアップしときました/マストアタックの使い方/今使い方を模索しています/BACのコミュニテイは目的を達したから閉めました/メーカーのコミュニティ/東京ミドルのSNS/東京ミドルに行きかけた/東京に押しかけよう/最初に買っ オープニングセレモニーで先生がおしゃった言葉: 「以前はコミュニティセンターを幼稚園として使っていたので、 トイレや水道の飲み水も完備されていませんでした。

何度も政府に設備を整えてくれるよう依頼をしましたが、 受け入れてもらえませんでした。

無料メル友 掲示板は知らなくてもいいことなのかもしれない。当然 生活よりは、もっと広い、広い、 社会やコミュニティと繋がるブログ、 かめきちパパさんのそんな今後の広がりや 可能性を感じたインタビューでした。

そうそう、なんとなく、かめきちパパさんの インタビューを書いてるうちに 東京くいだおれDOOL の 隊長を