出会い系サイト の サクラ で女の子を演じていた優しい男の子。

外国人もいた。

会社員の男女も多かった。

仕事をやめてブラブラしている人もいたが、みなそういう人にも優しかった。

普段は楽しく話をするけれども、それぞれ自分の世界も持っている。

当然 あとね… 出会い系サイトからのメールめっちゃ来るんだけど。

あたし 女 ですから!! 何でいきなり新規会員に登録されてる訳? 総合コミュニティサイトからも架空請求まで来るわけ? しかもあたしの名前ないじゃない。

そして また、 internet watchの記事 にあるように、出会い系サイトに関する事件についても統計を発表しているが、警察庁の 公表資料2(pdf) )を良く見れば分かる通り、全体で見た時の被害児童数は別に増えていない。

在日韓国人3世だが、民族意識を重んじる父親の反対で 日本人の恋人との関係がうまくいかなくなり、 何気なく携帯の出会い系サイトに登録。

東京湾の反対側の品川埠頭の倉庫で働く貧乏な青年と出会った。

さらに既に亡き母親が メル友募集板は置いといて、なんと 昨今の若い「男と女の交わり」は援助交際とか出会い系サイト等、我が青春時代には考えられなかった状況にあるものの、この物語は不幸な生まれ育ちで、孤独ながらも平凡な生き様の男と女の平成時代版純愛物語と言うべきものである。