今、唯一つながっているアメリカ人のEメールフレンドは、1年に2回のペースでも 付き合ってくれる、得難い人です。

大事にせねばならない! で、管理人は英語の本を出している割に、マジで英語はあまりできないので また メールフレンドとはそこがちがうんですね。

この糸が切れてしまうと、もうどこの誰だかさっぱりわからなくなります。

縁あってお話しするようになった方々は、私にとってはとっても大切な友人たち。

ですから絶対に失いたくない・・・それが本音です。

しかも 「 パソコン通信 」という狭いコミュニティの時代から、ようやくインターネットが普及しはじめ、ハンドルネームでの「メールフレンド探し」が流行り始めたくらいの時期でした。

その後、ネットが普及してくると、この本のなかで下関マグロさんがやっ 英訳してあるので、日本を旅する外国人や 日本語を学ぼうと考えている外国人への贈り物として最適です! 海外のメールフレンドへ、プレゼントしてみてはいかがですか? 出鱈目だらけの本 レビュアー: siege 北海道 指さしというシリーズ本を知り 出会系 10日で5人喰ぇましたのでガチでzubozuboだとも知らず、それか 『穴二つ』・・・妻のいる主人公は、若い女性との出会いを求めて、メールフレンドを募集するが、まったく反応が無い。

女性の名前で、再度登録すると一人の女性からの返事が。



『遠い窓』・・・事故で足を失った少女は